スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型風力発電機1

昨年来、家のインスペクターの資格を取ったり、商社としての仕事が忙しかったりして技術者としての仕事から離れていた。唯一 家のDVDレコーダのHDDが壊れて大切な動画が見られなくなったので、HDD基盤をebayで見つけて修理したぐらいだ。
そんな中、縁があってアメリカ製の小型風力発電機のディーラーとなった。ヨット用ではトップメーカーなので悪天候などの耐久性を考えると安心だ。出来るかぎり価格を抑えてお客に提供できるようにするには、直接通販で販売する方法を取る必要があり、そのためには、技術的バックグランドと判りやすい資料を作らなければユーザーに満足してもらえない。実際の製品と取説を検証し、疑問点をメーカーにぶっつけながら、勉強している近頃。

WindAir


最初に考えなければならないのが、ユーザーのアプリケーションを考える。

電力量のKWHと風速を見ただけでは、まったく話にならない。強い風速で高回転すれば、ワット数を大きくなるのはあたりまえ。風速10Mという台風並みの風速を表記しいてるメーカーもあるが、実用的ではない。
設置場所の平均的な風速を知り、その風速どの程度のワットを出せるか調べる必要があり。設置する高さと周辺の樹木や建物の影響で風量に違いが出て、小さな風量の変化でも発電量に大きく影響するということ。高い場所に設置すれば、それだけ風量は上がるが、その分 電線が長くなるので電圧が下がり損失が大きくなる。電線のコストもあがるということ。風力発電機が遠い場合、バッテリーの電圧が高い方が有利といえる。電線も細く出来る。

風量

ブレードが回転するので安全性についても十分に考慮する必要があり、簡単に手が届く場所に設置は出来ない。
製品の信頼性も重要となる。市場に中国製の類似品が出回っているようだが、信頼性という面ではどうだろうか?
同じ生産機械、材料、デザインが仮に同じであってもQC(品質管理)のレベルが高くなけらばよい製品は生まれないはず。
それから、設置予定場所の市町村や地方自治体の規則や規制がないか、事前にユーザーに確認してもらう必要もありそうだ。

今回、扱うことになった製品は、鉛製の部品を使用しないRoHSという規格を通っているので、その面では安心だ。
つづく。。。

more»

モービル1って

??十年前にアメリカに来たころは、ガソリンもオイルも安かった。今でも日本に比べると安いものの当時の3倍以上の価格となってしまった。
当時、道路や駐車場のにはオイル漏れの跡が多く、アメ車などは色々なところからオイル漏るするのが普通だったし、車は10年以上乗るのは珍しくない米国では、オイル漏れが多い訳だ。私が当時乗っていた中古車もオイル漏れがひどく、月に2-3リットルのオイルを足していたが、オイル漏れの修理代を1000ドル以上支払うより、オイルをつげ足す方が遥かに安かった訳だ。それと、アメリカではダラーフィルターの名称で純正でない安いオイルフィルターが一般に販売されており、このフィルターのパッキンンがひどい品質で、この部分もオイル漏れの原因の一つだった。

生活に少し余裕が出来て、程度のいい中古車に乗り換えてオイル交換の時に、オイルが安いアメリカなので科学合成のモービル1に交換してみた。 アイドリングで静かになったものの、エンジンが暖まったときでもオイルの粘度が落ちないためか独特の振動を感じた。スムーズの角の取れた振動と云う表現かな? でも、高速道路では快調な走りを見せてくれた。

ただ、モービル1に交換してから、にじむ程度のオイル漏れの量が増えた。原因を調べた行くうちに専門家の意見を見つけた。
それによるとモービル1というのは、通常のオイルに比べるとオイルプレッシャーが高くなり、細かい部分に入り込む性質がある。逆に云うと隙間にオイルが入り込みやすいので、シールやパッキンを痛めやすい。したがって、シールが古い中古車ではオイル漏れが悪化するとのこと。 ”納得でした。”
それから、モービル1はスリッピーで、抵抗が少ないオイルなので新車のエンジンに入れるとアタリが取れないので、ならし運転中では薦められないことと、また、通常オイルのに比べオイル劣化が遅く交換時期が長くなる反面、オイルフィルターの交換頻度が減ってしまうので気をつけるようにとのコメントが記載されていた。

エンジンの細かい隙間までオイルが浸透する。しかし、シールが弱いところは通りぬける。長所でもあり欠点でもあるということですね。

アメリカのトイレのドアは半開き

アメリカの家でトイレのドアが半開きになっているのを目にします。日本人からすると妙に思えるかもしれませんが、こちらの習慣で、半開きにすることで だれも入っていないことを意味します。日本から来た人がきちっと閉めてしまうと、トイレをだれかが使用中であると思われてしまいます。

door01.gif

レストランなどの小さな一人用トイレのドアは閉まるようになっていますが、大きなトイレや公共トイレでは、仕切りのドアーが閉まっていれば「使用中」、開いていれば「空き」ということになります。まぁ、こちらのトイレの仕切りは隙間だらけですから、大抵分かりますけどね。

それから、アメリカのドアは外側から内側へ押して開くのが普通です。 ですから、玄関のドアや入り口はドアは押して開きます。もちろん、トイレも部屋に入るときも押してドアーを開けます。

more»

アメリカの信号機

アメリカではワイヤーで吊るされた信号機というイメージがあるが、南カルフォルニアでは日本と同じで路肩の支柱が道路中央に伸びた固定式である。探せばワイヤー式の信号機もあるのかもしれないが、私の行動範囲では見たことがない。ただ、出張で州外に行くとワイヤー式が多いが、使い分ける理由はわからない。

Signal01.jpg


歩行者用信号もあるが、信号が換わって道路を渡り出すと数秒で点滅を開始してビックリですが、その分点滅時間が長ーい。おかしな間隔だなと思っていたら、先日数年ぶりにロサンゼルスの市内に行ったら、台湾のように歩行者用信号機に残りの秒数が表示されるタイプが設置されていた。
アメリカは歩行者優先だから、信号が赤に換わってもダラダラ渡る人がいます。日本やニューヨークだったらひかれているのでは?と思ったりする。

Signal02.jpg

それから、この歩行者用信号灯の箱が金属のような...樹脂のような...ペリカン社製の樹脂製ハードケースによく似ている。

Signal03.jpg

さて、渡米したころ不思議だったのが信号機がどういうタイミングで換わっているかだった。
車が来て信号待ちをすると換わり、車が信号待ちしていないと換わらない。 センサー式だということは理解出来たが、信号の周りを見てもセンサーが無い。 色々と調べてみるとセンサーが道路下のアスファルト埋め込まれているらしい。 交差点をよく観察すると車の停止位置近くの下に丸や八角形の大きな筋が入っている。どうやらそこにセンサーが入っているようだ。ただ、バイクの人がいくら待っても信号機が換わらないので、バイクから降りて歩行者用の押しボタンを押して信号を換えたのを見たことがある。後でわかったがバイクはセンサーに感知されづらいので、バイク用に信号センサー感知させる装置も販売されている。(試したことがないので、どの程度効果があるかはわからないけれど。)

Sensor01.jpg

昔、日本で真夜中に幹線道路を走っていても、タイミングが合わないと信号の度に止まらなければならなかった。しかし、こちらでは幹線道路と交差する道で車が信号待ちをしていなけらば幹線道路の信号は青のまま。朝早い時間帯や空いているいるときはスムーズに走れる。 無駄な停止が無いのでガソリン代の節約にも繋がる。



more»

アメリカの工業規格と通販カタログ

アメリカでは色々な通販カタログが送ってくるが、工業製品のカタログはネジや電子部品から工場設備・機械まで電話帳ほどの厚みもあるものもある。昔からアメリカは驚くほど色々な物の通販がある。今ではインターネットが普及しているが、まだまだ分厚いカタログが送られてくる。
工業製品の通販では、日本の金物問屋と工場設備全般を合わせたような幅広い製品・部品を扱っている業者も少なくない。そのカタログからアメリカで一般的にどのような規格のものが販売され、使用されているか解る。

また、もう一つ重要なこととして 部品や機器などがアメリカで一般的にどのような名称で呼ばれているかカタログを見れば解るということ。英語だと思っていた名称が意外と通じないことが多い。(例えばアース線→グランドワイヤー、ダイヤルゲージ→インジケータ(またはダイヤルインジケータ)などなど。)


工業製品全般のアメリカ通販会社の例 (他にも多くの会社あり。)

McMaster ねじから工場設備・工業製品全般
Gringer 工業製品全般(価格が高い!)
MSC 機械加工用品

その他 技術屋にとって便利なアメリカ通販の例

Techni-Tool 工具・計測器(電気用)
Stanleys 工具・計測器
Digikey 電子部品(日本にも進出)
Lab Safety 安全用品
Showes for Crews 作業用の靴

Ace Hardware 金物屋・小規模ホームセンター
True Value 金物屋・小規模ホームセンター
Home Depot 大手ホームセンター
Lowes 大手ホームセンター

技術にはあまり関係ないけど...
Office Depot 事務用品
Staples 事務用品
Office Max 事務用品
Best buy 家電
Frys PC部品・家電

REI スポーツ・キャンピング用品
Sport Chalet スポーツ用品
Sports Authority スポーツ用品
Big5 スポーツ用品

more»

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 技術屋のアメリカ-インチ生活 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。