スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのトイレのドアは半開き

アメリカの家でトイレのドアが半開きになっているのを目にします。日本人からすると妙に思えるかもしれませんが、こちらの習慣で、半開きにすることで だれも入っていないことを意味します。日本から来た人がきちっと閉めてしまうと、トイレをだれかが使用中であると思われてしまいます。

door01.gif

レストランなどの小さな一人用トイレのドアは閉まるようになっていますが、大きなトイレや公共トイレでは、仕切りのドアーが閉まっていれば「使用中」、開いていれば「空き」ということになります。まぁ、こちらのトイレの仕切りは隙間だらけですから、大抵分かりますけどね。

それから、アメリカのドアは外側から内側へ押して開くのが普通です。 ですから、玄関のドアや入り口はドアは押して開きます。もちろん、トイレも部屋に入るときも押してドアーを開けます。
その他の内容へのリンク:


アメリカ電源事情

プラスネジの種類 その1その2

アメリカのパイプネジ その1その2

アメリカ工業規格と通販

IPとMIL規格

愛用工具類

屋根裏換気壁素材(ドライウォール)ペイントシロアリセーリングファンと電球ドアー

アメリカ住宅用配管 その1その2

アメリカの水道水

エコ発電 その1その2その3その4
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 技術屋のアメリカ-インチ生活 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。