スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコ発電 その2

カルフォルニア州の内陸でネバダ州にかけてモハビ砂漠があり、そこには大規模な太陽光発電所やが数ヶ所ある。 

Solar Plant

一般向けの太陽光発電を考えると...
日本では個人用の発電システムとして国からも援助金が出ることもあり太陽パネルが主流のようである。ここカルフォルニアの我が家にも数年前に太陽光パネルの宣伝チラシが何度か送られて来たが、景気が悪いこともあるが、最近はまったく見かけない。近所の住宅地を周って調査したが、ほとんど設置されておらず、高級住宅街で少し見る程度だ。
設置価格を調べると1ワットあたり10-15ドル程度で、税金の控除や援助金は州や装置によって違いがあるようだ。

太陽光パネルは大手メーカーが参入しているだけあって、発電の性能も上がって安定している。
発電しない夜は、昼間バッテリーに充電した電力を使うか、昼間の余った電力を電力会社に売り(売電)、夜は買うという形。日差しが少なく発電が少ない時も同じ形になる。
バッテリーへの充電量は限られるので、季節や天候などの発電量の変化を長期的考えた場合、余分に発電した電力を電力会社に売電の方が得だ。また、バッテリーの寿命も3年程度と考えると、コストが増す。



メンテナンスを考えると....

パネル面のホコリや汚れを定期的にクリーンアップする必要あり、屋根の上の設置の場合、素人では危険を伴う。 また、自分で出来ない場合は業者に頼む必要がある。

10年内に張替えが必要な屋根材では、パネルの下の屋根材張替えにどのように対処するか?場合によっては一度パネルを取り外す必要がある。

SolarPanelH.jpg

太陽光パネルの寿命は20年程度と云われているが、数年後にはもっと高性能な製品や低コストのものが出てくる可能性がある。仮に10年程度で新しいモデルに入れ替えるとしたら、資源の面でエコとは云えなくなる。新モデルを追加して旧モデルと併用して使うことが望ましいが、日本の家屋では太陽光パネルの設置場所に制限がある。

その3へつづく...



⇒エコ発電その3 風力発電
⇒エコ発電その4 水力発電





その他の内容へのリンク:


アメリカ電源事情

プラスネジの種類 その1その2

アメリカのパイプネジ その1その2

アメリカ工業規格と通販

IPとMIL規格


エコ発電 その1その2その3その4




Southwest-Air.gif


スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 技術屋のアメリカ-インチ生活 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。