スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食物アレルギーとは???

先に片頭痛の原因が強い日差しだったことをつきとめ、濃い色のサングラスで問題は解消したが、その後、原因不明の気持ち悪さと吐き気に悩まされていた。医者に行ったら、「カフェイン、アルコール、タバコなどの刺激物が原因の可能性があるから取らないように。」と言われ、胃腸薬を処方されただけで原因究明にはならなかった。
原因の刺激物が分からないと仙人のような生活しか出来ないし、お茶も炭酸飲料も飲めない。そこで、刺激物を一種類づつ抜いてみることにした。しかし、これが単純では無い。飲んだり食べたりした後、直ぐに症状が出ることが無く、時間差がある。あるときは1時間後、あるときは2-3時間後と、さっぱり絞り込めない。 昼間は色々な工場を回るので、ほとんどがアメ食。そんな中、苦労しながらやっとコーヒーを飲んだ後に気持ち悪さと吐き気が出ることをつきとめた。不思議なことにお茶や紅茶では問題ないのでカフェインでは無く、コーヒーそのものが原因のコーヒーアレルギーと思っていた。
ここで、アレルギー科に行きたいところだが、私の医療保険はHMOという種類で、専門医に中々行くことが出来ないシステムとなっていて、ホームドクターに説明してもアレルギー科へ行けず、アレルギーを抑える薬を処方されて終わってしまった。

その後、十年以上 コーヒーさえ飲まなければ快適な生活だったが、転職を期に医療保険がPPOという種類に変わったので、アレルギー科でアレルギー検査をしてもらった。
検査の結果.... 何のアレルギーも無いどころかコーヒーアレルギーも無かった。コーヒーのアレルギーについて再度確認してもらったが、異常なし。
過去に体調が悪いとき、コーヒーを飲んだことを忘れていたことも多いので、コーヒーに対する思い込みや精神的な問題では無い。
結論としては、コーヒーアレルギーでは無いが、コーヒーを飲むと胃腸が受け付けず気持ちが悪くなったり、吐き気がするということ。
何かに対して体が異常な反応を起こすと、私たちはアレルギー症状と思い込んでしまうことが多い。でも、アレルギーとは過剰な免疫反応で、免疫反応では無くても体が過敏に反応することがあるし、それが不快な反応だとアレルギーと思い込んでしまうのではないでしょうか? 例えば、牛乳を飲んでお腹がゴロゴロしたり、下痢する人がいるけど、これは牛乳アレルギーでは無いですね。



スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 技術屋のアメリカ-インチ生活 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。