スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの工業規格と通販カタログ

アメリカでは色々な通販カタログが送ってくるが、工業製品のカタログはネジや電子部品から工場設備・機械まで電話帳ほどの厚みもあるものもある。昔からアメリカは驚くほど色々な物の通販がある。今ではインターネットが普及しているが、まだまだ分厚いカタログが送られてくる。
工業製品の通販では、日本の金物問屋と工場設備全般を合わせたような幅広い製品・部品を扱っている業者も少なくない。そのカタログからアメリカで一般的にどのような規格のものが販売され、使用されているか解る。

また、もう一つ重要なこととして 部品や機器などがアメリカで一般的にどのような名称で呼ばれているかカタログを見れば解るということ。英語だと思っていた名称が意外と通じないことが多い。(例えばアース線→グランドワイヤー、ダイヤルゲージ→インジケータ(またはダイヤルインジケータ)などなど。)


工業製品全般のアメリカ通販会社の例 (他にも多くの会社あり。)

McMaster ねじから工場設備・工業製品全般
Gringer 工業製品全般(価格が高い!)
MSC 機械加工用品

その他 技術屋にとって便利なアメリカ通販の例

Techni-Tool 工具・計測器(電気用)
Stanleys 工具・計測器
Digikey 電子部品(日本にも進出)
Lab Safety 安全用品
Showes for Crews 作業用の靴

Ace Hardware 金物屋・小規模ホームセンター
True Value 金物屋・小規模ホームセンター
Home Depot 大手ホームセンター
Lowes 大手ホームセンター

技術にはあまり関係ないけど...
Office Depot 事務用品
Staples 事務用品
Office Max 事務用品
Best buy 家電
Frys PC部品・家電

REI スポーツ・キャンピング用品
Sport Chalet スポーツ用品
Sports Authority スポーツ用品
Big5 スポーツ用品

more»

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 技術屋のアメリカ-インチ生活 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。