スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの水道水とフィルター

南カルフォルニアでシャワーを浴びると肌がカサカサするし、乾燥した冬場は肌が痒くなったりする。そして、ジャワーヘッドの穴は白い粉を吹いたように詰まり、シャワードアーも白い曇りガラスのようになってしまう。家中の蛇口は真っ白に腐食。硬水が原因だ。

 >>>アメリカの水道屋や工事はこちらを参考にしてください。

さて、肌が弱い私は背中の痒さが我慢出来ないので、軟水器を家に取り付けてある。水のシステムを販売する業者の価格は1500-2000ドルもするのだが、HやLホームセンターで大手メーカーのものが450ドルで販売していたので、軟水器だけ購入して自分で取り付けた。 今年で10年経つが問題無い。取付後は温泉水のように肌はスベスベ、髪はサラサラ、石鹸の泡立ちは最高。そして、シャワーヘッドが詰まる心配が無い。でも、ひとつ難を云えば洗剤で食器を洗うとき、流してもヌメりが中々取れないことだ。アメリカの洗剤は軟水に不向きなのか、日本の洗剤を使ってからヌメリが取れるようになった。
それと、油汚れは硬水の方が落ちやすいと聞いたことがある。

軟水器は塩を使って水を軟水にしているので、塩が減ったら補充する必要がある。まあ、軟水器用の塩は重くて運ぶのが大変だけど、高価なものではないし、我が家の場合は3ヶ月以上もつので心配は無い。但し、軟水器を通した水は塩分を含むので植物にはやれない。
植物にやる場合は軟水器を通さない外の水を使うか、割高だが塩化カリウムを軟水器に使わなければならない。また、飲み水用の逆浸透膜方式(R.O.)フィルターなら塩分も取り除くので、塩で軟水にした水でも、このR.O.フィルターを通せば植物に使用出来る。ただ、量に制限はあるが。

飲み水用ろ過器は、目の細かいフィルターでろ過するシステムもあるが、完全に有害物質を取れる訳ではない。逆浸透膜方式:R.O.フィルターであれば純水にするので安心だ。R.O.フィルターは水に含まれるミネラルも取ってしまうという欠点はあるが、安全面を優先してミネラルは食べ物からを取ることとする。

一つだけ欠点として、水をろ過するのに時間がかかること。だから、普通はタンクに自動的にろ過した水をためるようになっている。まぁ、3-4ギャロンのタンクだから普通に使ってる分には問題ないか。

このR.O.(Reverse Osmosis)システムもHやLホームセンターで200-300ドルで売られていたので、購入して自分で台所に取り付けた。飲み水と料理で使っている。 色々なメーカーがあり値段も様々だが、結局 純水にする訳だから結果は同じ水になるはず。ただ、個々のシステムの構造によっては水に臭いが付くので、それが味の違いに感じると思われる。まあ、R.O.フィルターを通した水に備長炭でも入れておけば、美味しくなるかな。

more»

スポンサーサイト

○×△ マル・バツ・三角は日本だけ?

アメリカ人にとって○や×は意味不明だ!我々が幼いころ日本で植え付けられた観念ということになる。まだ、英訳取説に○や×を記載している日本メーカもある。しかし、禁止事項の説明例や図に×が書いてあっても、アメリカ人はこれを見て「このクロス(×)は何んだ?」ということになる。○も同じで、「このサークルは(○)は何んだ?」ということになる。△も意味不明ということだ。印刷ミス程度に思われることもあるし、×は確認や選択するときに書かれるので、逆の意味に取られることもある。
○:良い、△:まぁまぁ、×:ダメ というような感覚はない。

マークにこだわると、
禁止の×を表すには、駐車禁止の丸い看板(赤い丸に斜めの線)のようにしたマークがある。禁煙や禁止マーク、まぁ、映画のゴーストバースターの看板を参考してしてもらえばいいと思う。
kinshi.jpg
kinen.jpg


それから、評価を表す○は親指を上にするマークで、×は下にするマークという感じかな。

実際のこちらのアンケート(SURVEY)の質問(QUESTIONNAIRE)で良く使われる評価では
VERY POOR -> POOR -> AVERAGE -> GOOD -> VERY GOOD -> EXCELLENT

また、取説などの禁止事項の図に記載しているのは FAIL(FAILURE), DEFECT(DEFECTIVE), NO GOOD などで×に相当すると思います。 正しい使い方の○はGOODでよいけれど、△の表現は難しいですが、ACCEPT(ACCEPTED)かな。
ただし、禁止事項は目立つようにWARNINGと記載して禁止事項(例:Don't ..)と記載するのが普通です。




書類の選択チェックする欄で、四角(□)の中ににチェックマークを付け人もいるし、大きく×を付けることもある。

逆に日本人が中々理解出来ない英語の観念もある。
「Haven't you finished ~yet?」(~はまだ終わってないの?)と質問されて、
終わっていれば「YES」
終わってなければ「NO」
日本人の感覚とは逆になる。否定形でも肯定形でも自分中心で答えは同じとなる。

機械の修理途中で「Haven't you finished ~yet?」とお客に聞かれて、「YES」と答えたら、「終わってないのになんだ!」ってことになってしまうね。

プラスネジとアメリカの工具

バイクのメカニックをしていた若かったころ、アメリカ製のピカピカの工具に憧れていた。
貧乏チームの俺たちは8時間耐久レースで隣の大手チームのピットに並ぶ工具の豪華さに目を丸くしたものだった。
20年以上前、アメリカに来てビックリしたのが、プラスのネジがあまり使われてないこと。マイナス・ネジでは電動工具やエアーツールに不向きなので効率も悪い。先進国とは思えない。でも、それには理由があった。アメリカではプラスネジのことをフィリップス(Phillips)と云い、プラスネジは元来フィリップス社に特許権があり、特許料の問題が発生してアメリカで普及が遅れたようである。日本はフィリップスと互換性のあるJIS規格のプラスネジがあるが、厳密には寸法が違う。マニアの私は両方のネジを日本とアメリカのドライバーで試したが、サイズによっては滑りやすかった。アメリカの工具の通販のカタログで、JISネジ用ドライバーを見たこともある。(カタログにはJISと溝の底の部分の寸法が違うと書いてあった。)

*余談だが、アメリカで貫通ドライバーは見たことが無い。理由は分からないが売ってない。

まあ、英語でドライバーはスクリュードライバー(Screwdriver)だが、基本的にマイナスを示し、standard screwdriver, slotted screwdriver, flat head screwdriver flatとも云うようで、プラスはフィリップス。(Phillips IIという新しい規格もあるらしいが,見たことがない)
それから、プラス・ネジと似ているポジドライブ(posidriv)というのがあるが、イギリスの規格で、溝の形状がフィリップスとは違い互換性は無い。
PosidrivPosidriv.gif PhillipsPhillips.gif

フィリップス社


そんな訳で日米で工具の名前が違う中、アメリカに来たころ修理現場で現地の人にマイナスだのプラスだの言っても通じず、発音が悪いと思い必死に「プラス!!」「マイナス!!」と繰り返す自分が居た。

<ねじの頭の種類の内容は11月20日2009年へつづく...>

他にも、モンキーレンチは英語でアジャスタブル・レンチ(adjustable wrench)だがクレスセント・レンチ(Crescent wrench)とも云い、六角レンチはヘックス・レンチ(HEX wrench)でアーレン(Allen wrench)とも云う。双方とも工具メーカーの名前から来ているようである。

また、私が個人的に現場で重宝したちょっとした工具は  >>こちらに



more»

1/4の単位

どうにか右側通行にもなれたが、メートル単位で育った私にとって物の単位がやっかいだ。
1インチは25.4mmと計算すればよいかと思えば、そう簡単では無い。 12進法、16進法 そして2の倍数の分母を使う分数。 細かい単位については後々書くとするが、10進法で育った私にとって感覚的に中々理解出来ない。何十年も前から、日本ではアメリカもメートル法を採用するという噂はどうなったのやら。
車でフリーウエイを運転していると出口までの距離 1/4、1/2、3/4、1 マイルで書かれた案内のサインがある。御存知の通り、分数でマイル数を表す。これを 1/4→a quarter mile(one-quarter mile),  1/2→a half mile, 3/4→ three-quarters miles, 1→one mile などと云う。
アメリカはこの1/4の単位クォーター(QUARTER)やクォート(QUART)という単位が大好きなのか、頻繁に使う。
例えば、1ドルの1/4の25セントコインはクォーター、15分もクォーター。0-400mのドラッグレースだって本当は1/4マイルの加速レースだ。 その他、フットボールのクォーターバック、マクドナルドのクォーターパウンダー(1/4ポンドのハンバーガー)などなど。
会社員のころは重要な会議や閉めがQuarterlyの年4回で頭が痛かったけ。 
因みに我が家の車は私がいつもオイル交換をしているが、カーショップでクォート容器に入ったオイルを数本買ってくる。これは1/4ギャロンで約1リットル。

 

more»

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 技術屋のアメリカ-インチ生活 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。