スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 7 USBトラブル

愛用のAsusのノートにUSBメモリーを突っ込むと、画面右下の無線LANアイコンに×が付いて切れてしまう障害が発生した。この画面右下のアイコンを右クリックして問題のトラブルシュートすると、どうにかネットには繋がるようになるけど。。。今度はUSBメモリーを抜くと再発して、トラブルシュートのやり直し。念のためウィルススキャンしたが問題はなさそう。 IPv6プロトコルをオフにすることで解消したとの書込みがあったので、ネットワークの設定でIPv6をオフにするが改善されず。有線のLANケーブルをPCに突っ込んでUSBメモリーを突っ込んで試して問題無いということは、無線LAN(Wifi) だけが問題のみたいだ。USBと無線LANの装置の割り込み処理のIRQも問題ないし、セーフモードでネットを有効にして立ち上げた場合、障害は発生しない。
Biosにも異常は見られないので、Windows7(64bit)かソフトが怪しい! AVGの何かのソフトが知らない間に入っていたので、それもアンインストール。 以前、AVGのソフトが引き金でひどい目にあったので、念のため数日前の設定でWindows7のリカバリーを行った。
と、、色々と行ったけど、結果は変わらず。そして、英語サイトで見つけた情報でWindows7のアップデートされたのモービリティー機能が色々なトラブルの種になるらしいとのこと。。。
そして、USBメモリーを突っ込んでネットが切れたときに、コントロールパネルのモービリティーを開いて、ネット接続アイコンのスイッチを切り替えると、見事にネットが復旧。モービリティーコントロールは[Fn] + [F2} のショートカットキーがあるので、取りあえずネットが切れても、直ぐに繋げられる。
しかし、何度がモービリティーを開いてスイッチを切り替えていたら、USBメモリーを繋いでも、ネットが切れなくなった。
このアップデートのモービリティー機能が不安定で無線LANにちょっかいを出していたのかもしれない。
スポンサーサイト

再はんだ 車の電気系

私は年式の古い車に乗っているけれど、最近エアコンが間欠で効きがおかしいし、エアコンの表示ランプが点いたり、点かなかったり。ウエブでしらべると同じ症状を訴える人がいたが、エアコンのコンプレッサーやガスなどシステムを調べるべきとの回答するお堅い専門家。でも、エアコンランプ間欠の症状から推理すると何やら接触不良が臭い。そして、「エアコンのコントロール基板の端子台の接触不良を見付けて解決した!」という記事を見つた。自分の基板をテストすると確かに基板上のはんだ付けされた接続端子を指で押すと表示ランプが点いたり、点かなかったり。やっぱり。
でも、見た目は、はんだ部分もきれいだし、クラック(亀裂)を虫眼鏡でチェックするが見つからない。テスターで導通チェックすると、導通はあるものの不安定で少し抵抗が増えるとこがある。その部分を再はんだして、念のため怪しいプリント基板の部分もリード線でジャンプ。基板を車に戻すとエアコンの問題が無くなった。

車というのは常に振動しているので、はんだ付けであってもダメージを受けることを痛感した。

それで、同じような はんだ部分のトラブルの事例が無いかと調べてみると、比較的新しい車でも起こるらしい。面白い事例としては、ダッシュボードのデジタル時計が点かない問題で、時計の基板のはんだ部分を再はんだすることで点くようになったとのこと。これの事例では、はんだの亀裂の問題とのことで、全ての部品に、はんだコテを当てて はんだを溶かし、固めるだけだった。(付がわるいときはフラックスはんだを少し入れている。) 個々の部分の接続を一つづつ調べたら日が暮れてしまうけど、一気にはんだ付け部分を再はんだの方が絶対早いし全部する訳だから、確実。目からウロコ!

昔、工場設備で圧着端子や端子のかしめ部分が緩んで接触不良を起したことはあった。確実なのは半田付けと思いがちだけど、半田付けも完璧なものでは無いということ。
工場の管理上、設備の基板が故障した場合は、確実に基板交換して対応していたが再はんだで治った基板もあったかもしれない。特に修理を急ぐときは。。。

追記:最近、Rohs対応の無鉛のはんだの使用が多いけれど、無鉛はんだと鉛はんだを混ざることでの問題は調べていないので、あしからず。

アメリカのトイレのドアは半開き

アメリカの家でトイレのドアが半開きになっているのを目にします。日本人からすると妙に思えるかもしれませんが、こちらの習慣で、半開きにすることで だれも入っていないことを意味します。日本から来た人がきちっと閉めてしまうと、トイレをだれかが使用中であると思われてしまいます。

door01.gif

レストランなどの小さな一人用トイレのドアは閉まるようになっていますが、大きなトイレや公共トイレでは、仕切りのドアーが閉まっていれば「使用中」、開いていれば「空き」ということになります。まぁ、こちらのトイレの仕切りは隙間だらけですから、大抵分かりますけどね。

それから、アメリカのドアは外側から内側へ押して開くのが普通です。 ですから、玄関のドアや入り口はドアは押して開きます。もちろん、トイレも部屋に入るときも押してドアーを開けます。

more»

アメリカの信号機

アメリカではワイヤーで吊るされた信号機というイメージがあるが、南カルフォルニアでは日本と同じで路肩の支柱が道路中央に伸びた固定式である。探せばワイヤー式の信号機もあるのかもしれないが、私の行動範囲では見たことがない。ただ、出張で州外に行くとワイヤー式が多いが、使い分ける理由はわからない。

Signal01.jpg


歩行者用信号もあるが、信号が換わって道路を渡り出すと数秒で点滅を開始してビックリですが、その分点滅時間が長ーい。おかしな間隔だなと思っていたら、先日数年ぶりにロサンゼルスの市内に行ったら、台湾のように歩行者用信号機に残りの秒数が表示されるタイプが設置されていた。
アメリカは歩行者優先だから、信号が赤に換わってもダラダラ渡る人がいます。日本やニューヨークだったらひかれているのでは?と思ったりする。

Signal02.jpg

それから、この歩行者用信号灯の箱が金属のような...樹脂のような...ペリカン社製の樹脂製ハードケースによく似ている。

Signal03.jpg

さて、渡米したころ不思議だったのが信号機がどういうタイミングで換わっているかだった。
車が来て信号待ちをすると換わり、車が信号待ちしていないと換わらない。 センサー式だということは理解出来たが、信号の周りを見てもセンサーが無い。 色々と調べてみるとセンサーが道路下のアスファルト埋め込まれているらしい。 交差点をよく観察すると車の停止位置近くの下に丸や八角形の大きな筋が入っている。どうやらそこにセンサーが入っているようだ。ただ、バイクの人がいくら待っても信号機が換わらないので、バイクから降りて歩行者用の押しボタンを押して信号を換えたのを見たことがある。後でわかったがバイクはセンサーに感知されづらいので、バイク用に信号センサー感知させる装置も販売されている。(試したことがないので、どの程度効果があるかはわからないけれど。)

Sensor01.jpg

昔、日本で真夜中に幹線道路を走っていても、タイミングが合わないと信号の度に止まらなければならなかった。しかし、こちらでは幹線道路と交差する道で車が信号待ちをしていなけらば幹線道路の信号は青のまま。朝早い時間帯や空いているいるときはスムーズに走れる。 無駄な停止が無いのでガソリン代の節約にも繋がる。



more»

食物アレルギーとは???

先に片頭痛の原因が強い日差しだったことをつきとめ、濃い色のサングラスで問題は解消したが、その後、原因不明の気持ち悪さと吐き気に悩まされていた。医者に行ったら、「カフェイン、アルコール、タバコなどの刺激物が原因の可能性があるから取らないように。」と言われ、胃腸薬を処方されただけで原因究明にはならなかった。
原因の刺激物が分からないと仙人のような生活しか出来ないし、お茶も炭酸飲料も飲めない。そこで、刺激物を一種類づつ抜いてみることにした。しかし、これが単純では無い。飲んだり食べたりした後、直ぐに症状が出ることが無く、時間差がある。あるときは1時間後、あるときは2-3時間後と、さっぱり絞り込めない。 昼間は色々な工場を回るので、ほとんどがアメ食。そんな中、苦労しながらやっとコーヒーを飲んだ後に気持ち悪さと吐き気が出ることをつきとめた。不思議なことにお茶や紅茶では問題ないのでカフェインでは無く、コーヒーそのものが原因のコーヒーアレルギーと思っていた。
ここで、アレルギー科に行きたいところだが、私の医療保険はHMOという種類で、専門医に中々行くことが出来ないシステムとなっていて、ホームドクターに説明してもアレルギー科へ行けず、アレルギーを抑える薬を処方されて終わってしまった。

その後、十年以上 コーヒーさえ飲まなければ快適な生活だったが、転職を期に医療保険がPPOという種類に変わったので、アレルギー科でアレルギー検査をしてもらった。
検査の結果.... 何のアレルギーも無いどころかコーヒーアレルギーも無かった。コーヒーのアレルギーについて再度確認してもらったが、異常なし。
過去に体調が悪いとき、コーヒーを飲んだことを忘れていたことも多いので、コーヒーに対する思い込みや精神的な問題では無い。
結論としては、コーヒーアレルギーでは無いが、コーヒーを飲むと胃腸が受け付けず気持ちが悪くなったり、吐き気がするということ。
何かに対して体が異常な反応を起こすと、私たちはアレルギー症状と思い込んでしまうことが多い。でも、アレルギーとは過剰な免疫反応で、免疫反応では無くても体が過敏に反応することがあるし、それが不快な反応だとアレルギーと思い込んでしまうのではないでしょうか? 例えば、牛乳を飲んでお腹がゴロゴロしたり、下痢する人がいるけど、これは牛乳アレルギーでは無いですね。



Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 技術屋のアメリカ-インチ生活 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。